借金

5年前に知人の事業をM&Aする時に、銀行からの借金で苦労したことを本館にも書いたが、
「現に事業が継続しており、安定した収入がある会社を買収する資金なので、簡単だろう」と思ったのだが、
「収入がこのまま続くか当てにならない」と駄目でした。
家のローンを組んでいる信用金庫に話したら、貸しましょう・・・となったが、
・・・銀行がOKも保証協会が「赤字会社の経営者の言うことは信用できません」とOKせずに借りれませんでした。
でも、考えてみれば、国の「金融監査マニュアル」で、赤字会社に金を貸すと銀行の査定が落ちる。さらに黒字会社に金を貸しても。黒字倒産の恐れがあるので、バランスシートが悪い会社に金を貸すと査定が悪くなる。バランスシートが悪い・・・とは内部留保のない会社・・・・要するに金を内部に溜め込んでない会社・・当社のような・・.には金を貸してはいかんのです。
内部の金を貯めて居る会社は、借金しませんので、
「私達は金を貸したいにですが、社会に資金需要が無いのです」・・という言い訳をえんえんとやっていたのが、失われた30年です。

これが、がらっと変わったのが「ゼロ金利政策」が発動してからです。
銀行は金を日本銀行に預けておくことで、たっぷり金利を頂けるので、民間に金を貸して「危ない橋」わたりたくないのです。
ゼロ金利が発動してから、今まで来たこともない隣町の金融機関もやってきて「借りてくれ」の大攻勢。
信用金庫だけでなくの第二地銀もやってきました。
隣県の地銀もやってきた。
しかし・・・ついに都銀はやってきませんでした。
都銀は中小企業など相手しませんので。
というわけで、昨年度は2つの銀行から3つの融資を受けました。
このうち2つは保証協会の保証を付けた融資・・・受けた会社は黒字で保証協会もOKでした。
・・・ア、私は4社を経営していて、2社が黒字で2社が赤字でおます。

最後の1つは赤字会社が融資を受けたのですが、定期預金を担保にしました。
運転資金を定期にして、定期を担保にする。・
金を返すまで、その金はつかえません。
運転資金がゼロです。敗者の復活は無理のようになってるんです。

しかし、年3件も借金ができたのは、日本経済が良いからです。本当に。
スポンサーサイト

コメント

良い話です

良い話を聞かせていただきました。有難う御座います。
この件、私のエントリーにの引用させていただきました。ご了承いただきます様お願いします。

Re: 良い話です

> 良い話を聞かせていただきました。有難う御座います。
> この件、私のエントリーにの引用させていただきました。ご了承いただきます様お願いします。

ご紹介ありがとうございます。
良く考えてみると、やはり赤字の会社は借金できないのですが、黒字会社は問題なく借りれまして良かったです。
非公開コメント

プロフィール

友遊

Author:友遊
団塊世代の中小零細企業の代表。現場と市場視察が大好き。政財官の鉄のトライアングル、中央集権、日本的経営を支持する守旧派。既得権益死守。相互扶助を基盤とする協同組合支持。実業の世界とは金融経済に対する実体経済の世界を意味する。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR